プチ整形で手術できる部位はどこ?

顔の印象が変わる目のプチ整形の種類とメリット

プチ整形でとれるのは色の濃いほくろだけ?

顔立ちうんぬん以前に、ほくろの存在が気になる、という人は意外にも多く、その中でもプチ整形でほくろを除去したいと考えているものです。
大きなリスクを背負わないレーザー治療で、ほくろを除去することができるのであれば、多少金額がかさんでも、チャレンジしたいと考えてしまいます。

しかし実際には、レーザー治療に適しているほくろとそうでないほくろがあるので、注意しておきましょう。

レーザー治療をして、しっかりと効果が得られるのは、色の濃いほくろです。
逆に色の薄いほくろは、レーザーであまり反応を示さないため、結果としてあまり変化が見られません。

これに関しては、プチ整形を行うお医者さんの腕の問題ではなく、レーザーという治療法の仕組みによるものです。
実際に施術を受けてから、こんなはずじゃなかったという気持ちにならないようにするためには、事前にしっかりと担当医に相談をすることが大切です。

意外にもデメリットが存在するレーザー治療

自分自身の顔にあるほくろがレーザー治療に適しているものであると判断した場合、プチ整形に踏み込む決意を固める人がほとんどなのではないでしょうか。
しかし実際には、意外とデメリットが多く存在しているのがレーザー治療です。
そのデメリットとは、いわゆる失敗ではなく、回数を重ねる必要があったり、完全にほくろを除去できるというケースが少ないという点です。

他の顔のパーツのプチ整形のように、失敗を恐れる心配はそれほどないのですが、一方で他のプチ整形は時間を要さない場合が多いのに、レーザー治療は時間を要するというデメリットが存在しています。

レーザー治療は、基本的に数回肌に当てること、そして数か月期間を空けることがルールとして定められています。
これを加味して考えると、すぐにほくろを除去できるというわけではないことがわかります。

それだけでなく、根が深いほくろの場合、完全に除去しきれないというケースも想定できます。


この記事をシェアする